刑務所の生活が今の社会の中よりも良い生活が出来る事が問題

刑務所に戻りたくてとの理由での再犯の増加している事は、以前から問題視されていても何も解決策が取られた訳でもなく、犯罪者は増えるばかりかと思われる、でもいくら社会に出たときに仕事の世話をしても今の社会の中の方が生活が厳しいので普通の人でさえ仕事と家を失い食べることも難しい現在では刑務所の方が良い生活が出来るので再犯者は止まらない凶悪犯罪も出てくる事になる怖い問題で解決策はあるのかとても難しい問題です早い内に国で解決策を考え対策を行って欲しいと思います。

NO.8909408
「刑務所に戻りたかった」67歳男、バイクに放火して逮捕 身勝手な動機に怒りの声
「刑務所に戻りたかった」67歳男、バイクに放火して逮捕 身勝手な動機に怒りの声
神奈川県横浜市神奈川区のマンション駐輪場に止めてあったバイクに火をつけ燃やしたとして、67歳の男が逮捕されたことが判明。

その行動に怒りの声が上がっている。

男は2日午後8時頃、神奈川区鶴屋町のマンション駐輪場で、止められていたバイクに火をつける。

すると、バイクからバイクへと燃え広がり、自転車も燃やす。

結局、バイク5台、自転車9台を焼損。

その後まもなく、男は近くの交番に出頭。

建造物等以外放火の疑いで逮捕された。

逮捕された男は、この日に窃盗の罪などでの服役を終え、出所したばかりだったことが発覚。

取り調べに対し、「刑務所を出たばかりで身寄りがなく、今後生活していく自信がなかった」「また罪を犯して刑務所に戻りたかった」と、刑務所に戻るため故意に罪を犯したことを明かしている。

本来、「絶対に戻りたくない」と考えなければいけない刑務所に「戻りたい」と考えて多くの人に迷惑をかけた今回の事件に、「刑務所が機能していない。食事を提供するのを止めたらどうか」「塀の中よりシャバのほうが世知辛いなんておかしい。出所する人間の就業支援ができないものか」「今回は死者が出なかったけど、今後無期懲役になりたいと言って凶悪犯罪に手を染められてはたまらない。刑務所のあり方を見直すべきだ」と、刑務所の現状について疑問の声が上がる。

一方で、「衣食住が揃っている刑務所に戻りたい気持ちはわかる」「働かなくてもある程度飯が食えるし、安心感もある」と、男の気持ちを理解する声も出た。

どんな理由があるにせよ、「刑務所に戻りたいから犯罪をする」行為は非常に危険であり、凶悪犯罪に繋がりかねない発想。

今後、同種の人間が出ないよう、刑務所のあり方や再犯者への厳しい刑罰、そして就業支援など施策を考えなければいけない。



【日時】2020年10月05日 19:00
【ソース】リアルライブ
【関連掲示板】


【刑務所の生活が今の社会の中よりも良い生活が出来る事が問題】の続きを読む


香りと臭いと愛情関係

今の人は細かい事を気にし過ぎなように思う、香りも一人の時はよいのでが、混雑した所では不快な匂いに変わるのをきおつけないと、自己満足でしかなくなる、最近家族の中で旦那さんとか子供が父親の臭いが臭いと言った話を耳にするようになって、愛情の希薄さを感じる、更に洗濯までも別にすると聞くとそこまでしなくても臭いなど無くなるのにと思う、何かが変わってきているのを身近に私も感じている事です。

NO.8905251
シャンプーの香りは無駄!? 女は「ちょっとクサい」ほうがいい理由
シャンプーの香りは無駄!? 女は「ちょっとクサい」ほうがいい理由
 男性の気を引くために、「いい香りをさせよう」と思うかもしれない。そこで、香水などをつけるのは、あまり適切な方法ではないというのは多くの女性が知っているだろう。人工的な強い香りを好む男は少ないからだ。

 ちまたの恋愛コラムなどでは、シャンプーや石けんといった清潔感のある自然な香りを漂わせることが推奨されている。だが、それで落とせるのも青臭い中学生までだ。

 大人の男は香りなどには寄ってこない。むしろ、香りなどは邪魔。男が本当に好むのは、ズバリ「無臭」だ。いや、詳しく言うのなら、無臭の中にかすかに感じる「生身の女のニオイ」に強い興味を抱くのだ。
 実際、男女が付き合えば、いつも清潔な状態でいるとは限らない。汗などがカラダに残り、体臭をクサいと感じてしまう場面もあるはずだ。もし、そのニオイが嫌だと思ったなら、関係は長くは続かない。

 なぜなら、人はニオイにより、遺伝子レベルで相手との相性を判断しているからだ。体臭がクサくて嫌だと感じたということは、すなわち相性が良くないということ。クサかったとしても、嫌だと思わない相手こそが、自分にふさわしい相手ということになる。

 相性の判断を容易にするためにも、何の香りもまとわず、無臭に近い状態にしておいたほうがいい。あえてクサくする必要はないが、汗のニオイぐらいは放っておいたほうが、「生身の女のニオイ」を感じさせやすく、男も歓迎するところだろう。
 相性の判断が速やかに行われれば、すぐに別れるような相手と付き合って、時間を無駄にすることもない。

 男性と接する際、体臭をかき消すような強い香りをまとうべきではないというのは、こういった理由もある。故に、ドルチェアンドガッバーナの香水をつけるなど、もってのほかなのだ。



【日時】2020年10月03日 18:00
【ソース】リアルライブ


【香りと臭いと愛情関係】の続きを読む


国勢調査をして来て今も若者が結婚を出来ない対策えの不安が大きい

今の社会の中で多くの人が非正規雇用で年収が低い中での生活で、夫婦共働きが当然のようになっている中でそれでも今回のような経済が悪くなると、国民は更に収入が減って益々正規雇用者との格差が大きくなるばかりです、多くの若者が結婚を希望しているデータはあるのに未婚の若者が増えているのは、収入が大きく関わっているのにそこを国が考えて欲しいと思います、日本の未来に期待する若者が結婚を出来ない理由を国が国勢調査で分かるようにその対策が今までも結果が出ない日本にこれからの不安が大きいのは私だけなのでしょうか。

NO.8904962
非正規男子の未婚にみる「国勢」の衰え 従来の「内需圧殺策」放置で進む困窮化
非正規男子の未婚にみる「国勢」の衰え 従来の「内需圧殺策」放置で進む困窮化
5年に1度実施される国勢調査。

今回はインターネットでさっさと回答できたのはよかったが、改めて気になったことがある。

「国勢」とは、国力を担う人力を意味する。

政府はいったい、このオールジャパンの調査結果を政策にどう生かしてきたのだろうかと。

これまでの国勢調査を踏まえたとおぼしき政策は以下のような流れである。

少子高齢化や生産年齢人口減が進んで、社会保障費が膨らむのだから、その財源は消費税増税で賄い、歳出削減によって財政均衡を図る、という具合である。

経済の再生は外需頼みで、日銀は異次元緩和によって円安を維持する。

景気対策は一時しのぎの補正予算で済ませ、基本は緊縮財政路線とし、あとは規制緩和を柱とする成長戦略というわけだ。

以上の3本柱で構成したのがアベノミクスだ。

菅義偉政権はそれを前進させるという通称「スガノミクス」を打ち出したが、要は3本目の柱に重点を置いた「規制改革」である。

消費税増税は今後10年間はやらない、という安倍晋三前首相の発言を踏襲するが、消費税減税を否定している。

ここでグラフを見てほしい。

2015年の国勢調査と厚生労働省の賃金構造基本調査(19年)結果から、男子について、正規、非正規雇用の年収と未婚率を抜き出し、組み合わせた。

国の勢いを支えるのは男女を問わず30歳代から40歳代の働き盛り世代であり、結婚して家庭を築き、子供たちを育てていくというのが正常な姿だろう。



【日時】2020年10月02日
【ソース】zakzak
【関連掲示板】


【国勢調査をして来て今も若者が結婚を出来ない対策えの不安が大きい】の続きを読む


日本のデジタル化に今なを不安が大きいと思う

今回のコロナウイルス対策と社会の中での生活の変化で見えてきた事は事実で今の日本の現状だと思う、でも以前よりデジタル化の問題で日本は大きな失敗をしてきているのに、今まで対策が遅すぎた事で今回は色々問題が更に大きく見えてきただけで、日本の国の考え方に大きな問題が今でも続いているので国民がマイナンバー登録が増えないのも当然だと思います、以前に消えた年金問題で私達夫婦は2人とも全部消えていて大変苦労して感じたことは国は消したのに回復するのは国民が個人でするとてもおかしな話で泣き寝入りした人は多くいると思った事件でした、その時のげんばの対策を考えても今の日本を信じて行くにはまだまだ時間がかかるように思います、私は個人的にですがマイナンバー登録は怖すぎて出来ません。

NO.8906558
コロナ禍で炙り出されたIT後進国「日本」の姿 「そのことを認識することから進化は始まる」と野口悠紀雄氏
コロナ禍で炙り出されたIT後進国「日本」の姿 「そのことを認識することから進化は始まる」と野口悠紀雄氏
新たに発足した菅政権は、行政や社会のデジタル化の遅れへの対処を真っ先に取り組むべき問題として掲げ、デジタル庁の創設や、その指揮官としてのデジタル改革相のポストを設けるなど、菅義偉首相は並々ならぬ決意を示した。

新型コロナウイルスの感染拡大に対処する中で、従来の規制や縦割り行政に阻まれ、さまざまなオペレーションが大きくつまずいたことの反省からだ。

そのつまずきをレポートしたのが本書「虚妄のIT立国ニッポン コロナ騒動でわかったリモートワークもオンライン授業も第三世界諸国並みの真実」だ。

「虚妄のIT立国ニッポン コロナ騒動でわかったリモートワークもオンライン授業も第三世界諸国並みの真実」(新型コロナ問題取材班)宝島社日本の技術力はホントにすごいのか?日本は十数年前までは、世界に冠たる技術大国だった。

現代で世界のIT覇権をうかがう中国は当時、発展途上国。

いつの間にか、日中は立場が入れ替わり、それも日本は大きく引き離されている。

しかし国内だけの様子をみて、日本の「先進性」をなお信じている人が多いという。

コロナ対策で導入が加速したテレワークやオンライン会議は十分に機能を果たし、業務に支障がないとみるや、コロナ禍を機に働き方を変更し在宅メインに切り替えた企業も少なくない。

スマートフォンの位置情報をビッグデータ化して観光地ごと、エリアごとの混雑具合がモニターされ、一時はコロナ関連のニュースの定番になった。

こうしたことに接して「日本はすごい」と感心する。

本書の第1章「デジタル覇権」で、元大蔵官僚の経済評論家、野口悠紀雄氏は、わたしたち一人ひとりが「まず日本が置かれている現状を正しく認識することから始めるべき」と訴える。

そのことが、日本が現代にふさわしいIT国家になる第一歩だ。

中国がこの十数年の間に発展途上国から一気に、世界のIT強国になった軌跡は「リープ・フロッグ(カエル跳び)」の典型。

中国はアナログの固定電話網の整備が遅れていたが、ネットワーク構築が容易なデジタルの登場で、それを利用したスマートフォンが一気に普及したことなどが大躍進に寄与している。



【日時】2020年10月03日 18:45
【ソース】Infoseekニュース
【関連掲示板】


【日本のデジタル化に今なを不安が大きいと思う】の続きを読む

DSC_0028
DSC_0021
DSC_0023

昨日地方のプレミアム券を使ってレストランにランチに行って来ました、このプレミアム券は1000円で2000円分になるので、今回はステーキ善1500円と唐揚げラーメンセット850円を食べて会計は2585円だったので1000円割引のお得な1585円でとても安く美味しいランチが出来て主婦の私はとても嬉しいです、サービスを利用して更に節約を頑張る為のご褒美でした、これからも色々キャンペーンを使って頑張りたいと思います、今回のレストランは山形県のクアハウス碁点のレストランでした。

DSC_0026

私は食器洗いの時に洗剤の使いわけをして、少しの節約を毎日続ける事が大きいと思い実行している事の一つです、安い大きな方で普段食器洗う方に使い、油の多い時とかプラスチック製品は小さな方で洗うようにと使い分けをしています、洗剤が高い物でも安い物でも1回使う量は無意識であまり違いがないように思うので、それに普段の食器はそんなに強い洗剤でなくとも問題なく汚れは落ちるので、毎日使うと1年の価格の違いは大きくなるので、2個使い分けるだけで簡単に節約が出来ます、大きい方の洗剤は以外と100均よりもスーパーの方が安くて私は80円位で買っています、大きい方は600mlで小さい方は250mlなので単純に考えると2倍以上使える計算になるのです、長く続けると凄いコストカットになるのでおすすめです。

このページのトップヘ