コロナ


経営状態の中で雇用形態は変わらないように思う

今の社会の中でコロナの影響で仕事を無くしたり減収したりで、多くの人が苦しい生活になっている事は、私にも周りにも起きてくる事なのでとても分かる様に思います、私も家庭の事情で長年パートとアルバイトをしていたので、この様に大変な世の中で経済不況が続くと、この様な雇用形態はこれからもなくなることは無いと思います、経営状態が苦しい時ほど増えると思い、これから働く人が大変な現状は続くと想像します、でも経済は変わるので先を見て頑張ってほしいと思います、
今回の経済不況は多くの人と、我が家も大きく変わりました、この苦境を少しでも乗り切れる人が増えることを願うばかりです。

NO.9016193
「パートを差別」提訴へ コロナが非正規直撃、80万人減
「パートを差別」提訴へ コロナが非正規直撃、80万人減
新型コロナウイルスの影響が、非正規雇用の労働者たちを直撃している。

総務省によれば、コロナ感染が深刻化した半年前から今年9月までに非正規労働者が約80万人減少。

正社員の代わりに仕事を減らされたり解雇されたりしたためだと専門家はみる。

仕事のシフト削減は不当だとして会社を訴えるケースも出てきた。

(遠藤隆史)通勤のため駅へ向かう人波を自宅のベランダから眺めると、嫉妬にも似た感情がわき上がる。

「私には働ける場所がないのに。」

京都府に住む派遣社員の女性(55)は約1カ月、仕事のない日が続く。

府内の百貨店などの催事で接客・販売を担う派遣社員として15年近く働いた。

日給およそ1万円、毎月の収入は27万円ほどだったが、今春新型コロナが深刻化すると状況が一変。

百貨店での特産品の出張販売やスーパーの試食販売など、派遣先の仕事が消えた。

4月の勤務は1日だけ。

6月ごろから催事が少しずつ再開されても、主催側も仕事が減り社員が余るため、派遣社員に仕事が回るのは月に数日程度だった。

仕事が急減した春、軽度の認知症がある90代の母親を施設から引き取ったばかりだった。

自分の老後のために20年以上積み立てた年金を100万円分取り崩し、生活費に充てた。

今月下旬は仕事が入ったが、その先の予定はほとんど白紙だ。

「何でこんな試練があるんだろう」非正規の処遇が不当だとして裁判に発展するケースもある。

労働問題に詳しい冨田真平弁護士は、強制的にシフトを削減されたと訴えるパート女性の代理人になり、従来通りの賃金の支払いなどを会社側に求める訴訟の準備を進める。

近く大阪地裁に提訴する考えだ。

コロナ禍での非正規に対する不当なシフト削減を問う訴訟は異例だという。

原告は結婚式の前撮りを手がける大阪府の写真スタジオで働く30代女性。

週3日の契約で採用され、正社員と同様、顧客との打ち合わせなどを担当した。

訴状によると、緊急事態宣言の影響でスタジオが休業した4〜5月のうち、5月分の賃金は正社員には全額が払われたが、女性を含むパートには、勤務4日分にあたる2万4千円が休業手当として支払われただけだという。

営業が再開した6月以降も、パートがシフトに入ったのは週1日。

正社員は出勤日が半分になっても賃金が全額支給されたのに対し、パートは勤務日数分だけだった。

原告側は「パートを差別的..

【日時】2020年11月12日 17:30
【ソース】朝日新聞
【関連掲示板】


【経営状態の中で雇用形態は変わらないように思う】の続きを読む


コロナの影響で更に増える問題

今の社会で多くなっている問題の様に思います、リーマンショックの時の就職難でこの様な事になった人が増えて、今尚コロナの影響で就職が出来ない人が大勢出ると思われる現状の中で、この先どれほどこの様な人達が増えるのかを考えても、未来ある若者のことを思うとコロナと言う災難で何も出来ない現状に心が痛みます、若い人達の人生を変えるこの様な経済不況は未来を奪う怖い事だと思います。

NO.9021323
「コンビニには毎日行ける」38歳ひきこもり息子が年金暮らし70代両親にパラサイトは許せるか
「コンビニには毎日行ける」38歳ひきこもり息子が年金暮らし70代両親にパラサイトは許せるか
氷河期世代の38歳無職の男性は、年金暮らしの70代の両親と同居し、すねをかじっている。

大卒後に不動産会社に就職したが営業の厳しさについていけず、1年で退職。

その後に入った企業も「ブラック」ばかり。

ここ数年は一切働いていないが、コンビニなどには毎日行けるマイルドなひきこもり状態。

倹約を重ね、自分たちの死後に息子が生きていけるか心配する両親にファイナンシャル・プランナーがかけた言葉とは--。

■氷河期世代の就職難に加え、やっと入った会社はみな「ブラック」
相談者から家計の状況を伺い、将来のシミュレーションや改善策をアドバイスするのがファイナンシャル・プランナーの仕事です。

最近はコロナ禍で、オンラインでの相談が多くなってきました。

しかし、高齢の相談者の場合はそうはいかず、直接お会いすることになります。

特にひきこもりのお子さんを心配する親御さんは70代、80代の方が多く、3密を避けながらの面談となります。

今回、30代後半のお子さんの将来を心配される、70代の夫婦の相談も、感染対策に配慮しながら行いました。

【家族構成】
・父親:72歳(年金生活) 年収180万円
・母親:70歳(年金生活) 年収85万円
・長男:38歳(無職)
【資産】
・預貯金:1500万円
・自宅:戸建て持ち家

お話を伺うと、お子さんは息子さん1人ですが、今は無職で親の年金収入で暮らしています。

いわゆる氷河期世代で、大学卒業後になんとか不動産会社に就職できたものの、営業の厳しさについていけず、1年で退職してしまいました。

それだけでしたらまだやり直しがきくのですが、その後の就職先がブラック企業ばかりで、短期間のうちに転職を繰り返すことになってしまいました。

何度目かの転職先を退職した後には就職活動に慎重になり、無職の期間が長くなってしまいました。

ブラック企業が続けば、就職に慎重になる気持ちもわかります。

しかし無職の期間が長引くと就職はますます厳しくなり、面接に応じてくれるのはブラックの気配がする会社ばかりになってしまいました。

すっかり転職の悪循環にはまり込み、本人は就職活動に嫌気がさしてしまったようです。

■「コンビニには毎日のように行ける」マイルドなひきこもり38歳の肖像
けっして、部屋にひきこもっているわけではなく、普通に会話はできますし、近くのコンビニなど外出もよくするそ..

【日時】2020年11月14日 09:15
【ソース】プレジデントオンライン
【関連掲示板】


【コロナの影響で更に増える問題】の続きを読む


経済不況で出てきたシェアの影響

コロナの影響で狂ってきた経済不況で見えてきた、シェアと言うサービスの怖さ現実の様に思います、一時期色々なシェアがあった様に記憶していて物を個人で持たない良い事の様に思っていたのですが、これは怖い話なのだったようで、今回のような世界的な経済不況を誰もが予想もしていない事が起きての災難のような状態に思えて、経済が普通であったら良いシステムだったのかと思うところあり、何とも言えない本当にコロナの影響の怖さ感じる、サービス業の大変さ困難な事を思い知らされる現状を見るようで、世の中で新しいタイプの生き方が、出来るのか難関だらけの未来だと感じます。

NO.9021771
高級カーシェア会社破綻でオーナーの怒り爆発 “吊るし上げ”緊急説明会を実況中継
高級カーシェア会社破綻でオーナーの怒り爆発 “吊るし上げ”緊急説明会を実況中継
「高級カーシェア」破綻騒動で新展開だ。

11月14日、破産申請の方針を固めた「SKY CAR SHAREグループ」(以下、Sグループ)の代理人弁護士が、急遽、オーナー向けに緊急説明会を実施。

だが現場は大混乱で、「夜逃げしていたくせに今更なんだ!」「また逃げるつもりだろう」など、怒号が飛び交う修羅場となったのである。

14日、午前11時過ぎ。

今やすっかり有名になった、埼玉県草加市の高級車240台が置き去りにされた駐車場に、20代から40代の男女が続々と集まり出した。

みな顔は強張っている。

無理もなかろう。

彼らは今、突如、天から降ってきた“ローン地獄”に喘ぎ苦しんでいるのだ。

オーナーらは、Sグループから“費用ゼロの投資”として、高級車のオーナーになるよう勧誘され、7年もの長期ローンを信販会社と組まされた。

だが10月上旬、Sグループは経営破綻。

それから月々数万円から10数万円の返済に追われる身となってしまったのだ。

中には、又貸しは契約違反だとして、信販会社から一括返済を迫られているオーナーもいるという。

そんなオーナーらの前に、急遽、S側代理人が現れ、説明するというのである。

いったい何が起きたのか。

Sグループ破綻から1カ月もの間、駐車場に訪れるオーナーたちに、ボランティアで相談に乗ってきた管理人が説明する。

「数日前、Sグループの代理人を名乗る弁護士が、鍵と車検証をすべて渡すよう、内容証明を私に送ってきました。渡さないと、刑事・民事を問わず、あらゆる法的手段を取る、という脅し文句も添えて。そして昨日、実際にやってきて、鍵を持って帰ってしまったのです」

そもそも管理人は、Sグループから車の修理などの管理を委託されていた下請け業者である。

あくまで善意で、困り果てたオーナーたちのためを思い、昼夜を問わずに相談に乗ってきた立場であった。

「オーナーたちはローンを少しでも軽くするため、早く車を処分したがっています。彼らが何の権限があって、鍵を持っていくのかわからないんです。だったらきちんとオーナーたちに説明すべきだろうと話し、急遽この場を設定したのです」(同)

■「まず詫びからだろう!」オーナーたちはヒートアップ
正午近くになると、弁護士らしき男性2人が駐車場に現れた。

そして、集まった30人ほどのオーナー一人ひとりに、ペーパーを配り始めた。



【日時】2020年11月14日 18:37
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】


【経済不況で出てきたシェアの影響】の続きを読む


出来る対策を守ってコロナを乗り切りたい

コロナ感染者が増えてきて色々問題意見が出てきている中で、食事の時の様式の問題は出来る事で気を付けるしか無い様に思います、出来ない様な事を言われるよりは、現実的に少しでも大勢にならないようにと言ってもらう方が守れる様に思います、それにGoToキャンペーンは使い方を守れば経済効果が生まれる大事な対策なので、利用する人が安全意識を高めて使う時期とか使う時の行動が問題だと思い、全部悪く見ることは違う様に思いそんな事を続いたら日本の経済不況が長く続く大変な事にになると思います、正しく使って経済効果に繋がる事を望みます

NO.9013751
“食べるときだけマスク外す”分科会提言の会食様式に疑問相次ぐ
“食べるときだけマスク外す”分科会提言の会食様式に疑問相次ぐ
札幌で過去最高となる200人を記録するなど、全国的に急増している新型コロナウイルスの感染者数。

第3波到来も懸念されるなか、政府の新型コロナ感染症対策分科会が発表した“対策”が物議を呼んでいる。

9日、感染者急増を受け、分科会はクラスター対策などを政府に緊急提言。

同日開かれた記者会見で、尾身茂分科会長(71)は「全国的に見ても感染が増加していることは間違いない」と述べ、「適切な感染防止策が講じられなければ、急速な感染拡大に至る可能性が高い」と危機感をあらわに。

感染防止策として、今までより踏み込んだクラスター対策など“5つのアクション”を発表。

その一つである「対話のある情報発信」の例として、尾身会長は会食中の感染対策について身振り手振りを交えながらこのように説明した。

「食べるときは左手で(マスクを)外して、食べる。その時は喋っていません。食べるときはしゃべらない。飲み込んだら、(マスクを再びつける仕草)」「これだけにこだわる必要はない」としたうえで、神奈川県の黒岩祐治知事(66)も推奨している方法だと紹介した。

感染リスクを抑えながら、会食を楽しむ方法を紹介した尾身会長。

しかし、SNS上ではこの会食スタイルが“問題の本質からズレている”と指摘する声が相次いだ。

《いちいち食べるときにマスク付けたり外したりするのは非現実的だって誰か尾身会長に言えよ…》《尾身会長、神奈川県知事の会食時のマスク着用の提案のことを言ってたけど、そんなことをしてまで会食する意味が分からない…。(お箸を持つ手と反対の手で食べ物を口に入れる時以外はマスクをすぐに着用)》

さらには、会食のきっかけでもある“Go To Eatキャンペーン”の必然性を問う声も。

《尾身さん、マスクうんぬんでは無く〜〜GoTo中止の提言をお願い致しますm(__)m国民の為に、日本の為に、》《gotoキャンペーン 今すぐやめよう!特にgotoeat…口に入れるときだけマスク外すなんて誰もしない》



【日時】2020年11月11日 11:15
【ソース】女性自身


【出来る対策を守ってコロナを乗り切りたい】の続きを読む


このままでいくと年末年始の影響が怖い

コロナ感染者が増えてきていて、どうにも出来ない中で私は只々年末年始の人の流れがとても怖いのです、皆さんも同じだと思うのですが、感染しない様にしたいと思います。


【このままでいくと年末年始の影響が怖い】の続きを読む

このページのトップヘ